リボ払いってなに?キャッシングの返済方法をわかりやすく解説!

キャッシングをした場合の返済方法は?


キャッシングを利用した際、その返済方法はどうなるのでしょうか。これは基本的にはクレジットカードなどと同じと考えていただければOKです。クレジットカードで買い物をすると、一括や分割、リボ払いなどを選択することができますよね。キャッシングも同じで、基本的にはこの3つのうちのどれかを選ぶこととなります。

しかし最近の傾向としては、キャッシングに分類されるような少額の融資の場合、返済方法は自動的にリボ払いとなることが結構多いようです。それではリボ払いとはいったいどのような返済方法なのか。次項でわかりやすく解説いたします。

リボ払いとは?

リボ払いというのは、ひとことでいえば、借り入れ額に対して、毎月一定の額を返済していくというものです。分割払いと違うのは、月々に支払う額の大きさでしょう。たとえば、私の持っているキャッシング専用カードは、10万円以下の借り入れだと、月々の支払いは3千円となっています。10万と1円からは毎月5千円、20万円以上借りたら毎月1万円返済していく、という決まりになっています。このように、借りた額に対して、月々最低でもこれだけ払ってくださいよ、という決まりがあって、その額を返せばOKというのがリボ払いなのです。

ちなみに、20万円の借金を上記のリボ払いで返すと、翌月は借り入れ総額が19万円ちょっとになりますが、そうなれば月々の支払いは5千円でよくなります。

リボ払いのメリットは、月々の返済額が少ないため、収入の少ない方でもある程度まとまった額を手に入れることができるということですね。逆にデメリットは、返済期間が非常に長くなるため、利息負担が増え、長期的に見れば、返済する額は一括や分割よりもずっと大きくなってしまうということです。ある程度の収入があるのなら、一括や分割で一気に返してしまうのがおすすめですね(関連参照サイト→http://xn--q9j2c4em8a9dzlwe1110dps3c.net/)。

しかし、リボ払いの「利息負担が大きくなる」というデメリットを解消する方法もあります。それはお金のあるときに、コンビニATM等から自発的に多めに返済をするという方法です。そうなのです。リボ払いにしたときに月々に支払う額というのは、あくまで「最低でもこれだけ払ってください」という金額ですので、もちろんそれ以上の額を返済しても構わないわけですね。キャッシングのカードさえ持っていれば、コンビニや銀行のATMからいつでも返済をすることができます。余裕のあるときに多めに返すように心がけていれば、利息負担もそれほど大きくはならないでしょう。

以上、キャッシングの返済方法をご紹介しました。CMでもよく言われますが、ご利用は計画的に、ですね。