格安SIMって悪い所はないの?意外に不便に思うことは?


キャリアの年齢認証が使えないのが意外と厄介

大手通信会社のスマホや携帯には年齢認証サービスがあり、様々なアプリと連動させることができます。しかし、格安SIMと格安スマホの組み合わせを使った場合は年齢認証サービスが使えず、一部のアプリに制限がかかってしまうことがあります。

代表的なのがLINEで、年齢認証が出来ない事からID検索などで友人を追加できなくなってしまうのです。ただし、直接会った際にフルフル機能や、QRコードの読み込みで追加は可能です。

SMSを使って招待を送っても追加は可能なため、全くできないわけではないのがポイントと言えます。ネットで知り合った人で、電話番号を教えずにLINEだけで繋がりたいなど希望がある場合は難しくなると言うだけです。

LINEモバイルに関しては自社サービスで年齢認証が出来るため、多少便利になっています。

メールは相手が受信できないことも

格安SIMに契約した場合はキャリアメールが使えないため、GmailやYahooなどフリーメールを使うことになります。

注意したいのは大手通信キャリアのほとんどのスマホや携帯が、初期設定でフリーメールを拒否するようになっていることです。

パソコンからのメールもスパム扱いされてしまうことが多いため、家族にメールを送る際には注意が必要です。設定を変えないとメール自体が届かないことがあるのです(詳しくはコチラ→simsimmisim.com)。

身近にいる人間であれば自分が設定を変更してしまう方もありますが、スマホや携帯の操作が苦手な人には難しい面もあります。

わからない場合は携帯ショップへ持ち込んでフリーメールが受信できるように設定を変えてもらうのもおすすめです。

格安SIMによって、端末の設定が必要なることも

格安SIMと格安スマホはそれぞれ別のメーカーが販売し、初期設定をされずに送られることが多くなります。

インターネットに接続すための初期設定が必要になることも多く、しっかりと確認した方が良いポイントになってきます。

格安SIMを扱う企業によって、初期設定の設定値が異なってきます。設定が誤っているとメールが受信できない等の不具合が生じます。

取扱説明書だけでなく、格安SIMを扱うMVNOのホームページに詳細が書かれているのが基本になります。設定方法を動画にまとめているケースもあるため、ネットに繋がらないと思ったら慌てず確認した方が良いのです。

しっかり設定しておかないと、家に無線環境がある場合は問題なく動いても外出すると繋がらないと言うケースが出てきます。